読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローン病と生きる。

クローン病との闘病生活や、クローン病でもできることなどアップします。また、病気と関係ないことも、日常生活で感じたことなどもアップする気ままなブログです。

新社会人の皆様へ贈る言葉。「責任」とは。


スポンサードリンク

こんばんは。

 

4月を目前に控え、新社会人の皆様は心踊る日々を過ごしているのではないでしょうか。

そんな新社会人の皆様に、及ばずながら贈りたい言葉があります。

 

「責任」そんなものは、存在しない!

社会人としての責任。

大人としての責任。

仕事を行う上での責任。

責任、責任、責任・・・etc

 

大切だがらもう一度言おう。

 

責任なんて存在しない。

あなたは、今年から社会人だ。

社会人になって10年も20年も経ったわけじゃない。

あなたは、大人になって何年だろうか。

日本の法律だと20歳から大人だ。

大卒でも22、23、24歳だろうか。

高卒なら未成年だ。

社会人一年生であることは、間違いないだろう。

そう、あなたは

一年生である。

小学一年生みたいなものだと考えて欲しい。

少一で難しい漢字が読めない、掛け算ができないとする。

何か、恥ずかしいことがあるだろうか?

一年生だもの、そんな感じじゃないのだろうか。

あなたは、仕事でミスもするだろう、人間関係でつまずくこともあるだろう。

しかし、怒鳴られる必要なんてないはずだ。

だって一年生だもの。

徐々に慣れていけばいいのだ。恐れることはない。

 

それなのに、あなたの上司はきっと言うだろう。

社会人として責任のある行動・態度を取るように。

っと。

何の責任も取ったことがなく、何の責任も取れる立場じゃないくせに、

口だけは偉そうな上司が必ずあなたを苦しめる。

そんな残念なバブル世代が幅を利かせているのが、現状だ。

 

無能はバブル世代は仕事ができず、人に頼ることしかできない。

大事だから確認するが、

バブル世代は無能だ。

そんな無能な人間があなたを自分の都合の良いようにコントロールするために使う魔法の言葉。それが、

「責任」と言う言葉の正体だ。

騙されてはいけない、洗脳されてはいけない、操り人形になってはいけない。

あなたは戦わなければいけない、無能なバブル世代と。

 

良い子になんてなるな。

上司にとって都合の良い駒になるな。

受け入れるな。

抗って欲しい、戦って欲しい、牙をむき出しにして欲しい。

 

そして、新社会人の皆様に贈りたい言葉がある。

どう受け取ってもらって構わない。

ただ私は、心配している。

無能な上司に、日本中にはびこるブラック企業に、心無い大人に、

あなたが追い詰められて自殺してしまわないかと。

自殺するくらいなら、全力で逃げ出して欲しい。

あなたの命をかけてまで全うしなければいけない仕事は、日本には無い。

大切なのでもう一度。

 あなたの命より大切な仕事なんて無い。

何度つまずいたって、何度転んだって、立ち直ることはできる。あなたが諦めない限り。

 

前置きが長くなってしまったが、私があなたに贈りたい言葉はこれです。

「責任」そんなものは存在しない!

聞こえの良い言葉でコントロールしようする上司に騙されないように。

あなたをコントロールしようとする人は、あなたを最初から褒める。

あなたを褒める上司には注意が必要だ。

これ見よがしに、手のひらを返す日が来るから。