読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローン病と生きる。

クローン病との闘病生活や、クローン病でもできることなどアップします。また、病気と関係ないことも、日常生活で感じたことなどもアップする気ままなブログです。

怒りを込めてここに記す。73歳女性を逮捕。


スポンサードリンク

headlines.yahoo.co.jp

 

私は、怒っている。この記事は、怒りを書き連ねる記事になると思いますので、乱暴な言葉も出てくるかもしれません。読みたくない方は、どうかここでお戻りください。

 

73歳にして、夫の介護を一人で行い、生活のためにアルバイトをこなしていた老女に対して警察は正義の名の下に鉄槌を振り下ろした。

情けも慈悲もない酷い仕打ちだと思う。

なぜ逮捕するのか。

逮捕の要件には、

①逃亡の恐れがある

②住所不定無職

③証拠隠滅の恐れがある

上記3つがあったはずだ。どれに該当するというのか。

自ら自首してきた人が、逃亡するだろうか?

夫のご遺体を警察が確認に行っているのだから、住所もわかっている上に、職業もアルバイトとわかっているのではないのか?

証拠を隠そうとするなら、夫の死を確認してから出頭するのではないのか?そもそも出頭しないのでは?

73歳の老女が警察から逃亡しまくって、証拠も巧妙に隠すなんてあり得るのだろうか?

ただただ法律に書いてある通り、上から不備を指摘されない様に、淡々と仕事をこなしているだけの人形しかいないのだろうか。

まぁ、人の税金で飯を食おうと考える程度の人間の集まりなので程度が知れてますけどね。

警察内では、きっとこうだ。

「介護を放棄し、夫を餓死させる事件が発生した」

「犯人の女性確保済みだ」

「検挙率上げるために逮捕しよう!」

「事件発生1件。検挙1件。検挙率100%達成!やったー!」

この程度ですよ、日本おまわりさんなんて。

本当に、あなたたち警察官が正義と絆を大切にし、国民のため県民のため府民のため、市民のために働いているというのであれば、なぜその女性一人助けることができないのですか?この場合、女性だけではない。お亡くなりになられた男性もですよ。

正義という言葉をあなた方警察が使うのは間違いだ。誰一人助けられないではないか。まだ消防士や海上保安官が使う方が正しい。

消防士は、火災現場で体を張って火を消し人を助ける。

海上保安官は、転覆して船から人を救助しようとする。

あなた方警察官は、誰を助けると言うのか?

交通の取締ですか?犯罪の取締ですか?何を馬鹿なことを。

交通事故なんて、減らないじゃないか。減っているのは、車の性能が上がって減っているだけ。交通マナーのレベルは下がる一方ではないか。

犯罪の取締と言うのなら、介護で追い詰められて夫を死なせてしまった可哀想な老女を取締るのが、国民のためになるとでも?その老女を逮捕して誰が救われると言うのか。他の介護で苦しむ人を追い詰め、これから介護をしなければいけない人たちに圧力をかけるだけではないか。

公務員の公安職の中で最も情けない人の集まりが、あなた方警察組織ではないのか?本当に、私一人の大きな勘違いであることを願います。

介護は、民事だから司法は不介入です。なんて、馬鹿なことを言うのだろうか。

警察法第2条第1項に警察官の職務内容が明記されている。これを根拠にして様々な活動を展開しているのが今の警察だと思う。

その1項の中に「犯罪の予防」と言う記述があるのは、私の目が狂っていて正確に文字を読むことができないからだろうか?

私の目が狂っているか、私の頭がどうかしていて、ありもしない記述を作り上げていることを切に願う。

なぜこんな悲しい事件を予防できないのか。

夜中に、山の空き地や墓地の奥でパトカーの中で爆睡する時間はあるのに、介護で困っている人に地域包括支援センターがありそこに相談することができますよ、っと教える時間はないのだろうか。

何を予防すると言うのか。自分たちの睡眠不足でも予防しているのだろうか。

そんな警察を誰が信じるというのだろうか。私は絶対に信じない。を